マイホーム徒然日記

住みやすい我が家にしたく、日々奮闘しています。

ここで年の瀬を迎えることになるとは1年前は思っていなかったな~。

昨日夕食時に主人と話していたことです。

 

2014年の今頃は息子の就職先が決まり、

息子の入社式用のスーツを某紳士服量販店で店員さんにいろいろとアドバイスを頂きながら購入したり、

息子は自動車学校に通っていたりと、

我が家は息子の就職に関する諸事でばたばたしていたような気がする。

 

娘は高校1年生だったため、特に変化も無く徒歩1分の学習塾にせっせと通っていました。

ただ、狭い我が家だった為、落ち着いて勉強ができる環境が欲しいー自分の部屋が欲しいーとは常々主張してはいたっけ・・・。

 

今年に入り息子も就職するし、そろそろマイホームも考えなければいけない状況になってきた事を主人と話し合い、今年中に良い物件を見つけることを目標にしました。

 

幸い近所に親しくさせていただいている(図々しいかな・・・?)I不動産会社がありまして、自分たちでインターネットなどで物件を探す一方、I不動産さんに「予算内でよい物件があったら紹介よろしくお願いします~。」と声をかけさせていただいていました。

 

初めての内覧は2月に入ってから。

インターネットで見つけた中古物件Aが、立地良し(駅近、主人の仕事場近、病院近)の物件で、更に気に入ったのはちかくに貫通する予定の大きな道があった為通勤にもその他買い物にも便利になりそうだと考え、その物件を取り扱っている不動産会社に連絡をしました。

 

その不動産会社さん曰く、「その物件は売主様のお知り合いが購入されることに決まったばかりですが、内覧は出来ますよ~。」と言うことでした。

折角なので内覧を希望し、他の物件を2つほど物件B物件C紹介してもらうことにしました

 

まず物件Aは、リフォーム済でまあまあ良かったと思います。家の前の通りが通勤の車の抜け道になっていたのが気にかかりはしましたが、もしこの物件にまだ買い手が無かったらきっと私たちが購入していたと思います。(これも縁ですね、ホントに。)

 

そして物件Bは新築でした。

我が家の予算よりは少しオーバーしますが、今良くあるお安めの新築で、やっぱり新しいっていうだけで外観からして良いですね。

 

次は物件C,

こちらは中古物件で、内外共にリフォームしてあって予算内でした。駐車スペースが車2~3台分ありました。一見よさそうに見えましたが、私的には、ベランダが弱そうなのと屋内が狭くて実際住むことは考えられないと思いました。

 

内覧後、主人は価格的にもCが良いと言い、私はBが良いCはイヤだ(CはどちらかといえばCってことだけで、Bがイヤと言うことが私的とても大事でした。)と言うことで、不動産屋さん曰く「別の人にとられちゃうよ~。」と言われましたが、二人の意見が分かれたので今回は無かったことにしようと言うことになりました。

 

それからのことはまたの機会にします。