マイホーム徒然日記

住みやすい我が家にしたく、日々奮闘しています。

感慨深いのは17年越しのコサージュ

先日、娘の高校の卒業式がありました。

 

娘は大学進学を希望しているので、学生はまだ続くのでしょうが、

二人目なので私が出席する式はこの卒業式で最後になるのかな・・・と思っています。

そんな意味でも、今回とても感慨深い卒業式となりました。

 

そしてもう一つ感慨深いものが、

息子の入園式から、娘の入園式、小学校・中学校・高校入学式、

そして卒園式・卒業式と、かれこれ17年間式という式にお世話になったコサージュです。

 

母方の叔母が2~30年前に手作りしたものですが、淡い黄色と白色のグラデーションがとても上品で式にも映えるので、気に入って多少古くなっても使い続けてしまいました。

f:id:yamahiro0504:20170304103235j:plain

洋服は、スカートスーツだったりパンツスーツだったりと買い替え変わりましたが、

このコサージュだけはいつも胸につけて式に臨みました。

 

ちなみに今回は、下の様な首元からドレープが入ったブラウスにジャケットを羽織った

パンツスーツでした。

f:id:yamahiro0504:20170304110522j:plain

下は3年前、高校入学式の際の上半身部分です。

f:id:yamahiro0504:20170304103305j:plain

 

さすがに17年通算16回活用したためところどころ繊維がほつれてき始め、

12~3回目あたりからは何度も周りをはさみで整えて使用ました。

f:id:yamahiro0504:20170304111046j:plain

f:id:yamahiro0504:20170304111053j:plain

 

えだの先部分も巻いてある布が取れてきています。

この部分は見えないようにうまく隠してピンでとめました。

f:id:yamahiro0504:20170304111100j:plain

f:id:yamahiro0504:20170304111105j:plain

多分繊維が劣化してきていることもあり、もう使用せず思い出と共に大切にしまっておきたいと思います。